ロサンゼルスからは以上です。

ロサンゼルスのロースクール留学中。アメリカでの留学生活、旅、映画、その他気づいたことなどを綴ります。

ロサンゼルスのおすすめゲイバーに行ってみた(というブログを短時間で書いてみた)

こんにちは、ヨシノです! 

 

さて少々前にゲイバーに行ったので、この感動(動揺)を記事に書きたい書きたいと思っていたのですがしばらく重たい腰を上げられずにいました。

だって書き始めると凝っちゃうし!

でも載せられるような健全な写真あんまりないし!

それに大して実は中身がないし!!!←

 

なんだかんだお勉強だとかネットワーキングだとかお布団にくるまるのとかで忙しいし・・・と自分に言い訳をしておりましたところ、ブログマーケッターのジュンイチさん(@Junichi_Santa)が、Twitterで「20分でブログを書く方法」というのをやってらっしゃるのを拝見しました。

かなり面白い。

しかも、短時間でやるという大義名分のもと勢いで書ける感動をダイナミックに伝えられる。

 

ということで、自分もやってみることにしました。

なお、この時点で残り13分。やばい。目次始まってない。

 

<趣旨>ジュンイチさんの20分で ブログ書く方法やってみたい

短時間で書く&検索上位にくるというのがジュンイチさんの目的ですが、今回検索上位は考えず短時間で書く事に集中。指摘されていたポイントは以下の通りです。

 

短時間で書くならまずはこれは止めろ!という事

 

短時間で書ききるために省略できることを考えてみた。

1.途中の文章を見直すこと!

2.画像を本文に入れること

3.他のサイトを見にいくこと

4.SNSに反応すること

時間がない!って言わせないぜ!20分という短時間でブログを書く方法。実際に書いた記事がこの記事自体。 | ジュンイチのブログ

 

わかるー!やっちゃう!見直すし画像本文に入れるしなぜかTwitter覗く!!

ということで今回はこれらを一切やりません!ストップウォッチと記憶と格闘しながら書き続けます。 

エストハリウッドのゲイバーAbbeyに行ってみたよ

ロサンゼルスの中でもウエストハリウッドというエリアはLGBTの方が集まるお店が沢山あります。その中でも老舗の一つらしい(友人曰く)mAbbeyというお店に行って来ました。

www.theabbeyweho.com

事前にググったら、こんなお兄さんがいるらしいという事だけはわかった。果たしているのか。

ãwesthollywood gayclub abbeyãã®ç»åæ¤ç´¢çµæ

LAウィークリーの記事だから信じても良いだろう

持ち物

入店前に入り口でIDチェックが行われます。おそらくどんな年齢に見える人にも厳しく見ていると思われるので、忘れずID(パスポートなど)を忘れず持っていきましょう。ないと門前払いをくらいます。

 

そして荷物は少なめに。

 

あと、楽しい思いをしたい人は1ドル札を沢山携帯しましょう。後述します。

 

店内の様子と楽しみ方

入ってみると、そこはバーというよりクラブ空間。お姉さんクラブ行った事ないのでちょっとお作法が全くよくわかりません。緊張しまくります。

真ん中にバースペースがありお酒を適宜頼むスタイル。テキーラで乾杯(舐めるのみ)。そういえば思い出したけどどうやら入場料はかからない模様(お金取られなかった)。

 

やばい!!時間ない!!!あと3分しかない!!!!

いきます。もう書きます。ここでの楽しみ方は、ずばり、ダンサーのお兄さんへのおひねりです!!!!!

 

上の写真のようなマッチョなダンサーのお兄さんが、数名、少し高いステージの上でクラブミュージックにあわせてかっこよく踊っております。

ここで持参した大量の1ドル札の出番です。お札をちらつかせつつお兄さんに近寄ると、おひねりせいと言わんばかりに近寄ってきてくれます。そのお札を、あの、なんていうか、ブーメランの、パンツの中に・・・ねじ込みます!!!

お兄さんも慣れていて、腕を撫でたりブーメランの下からねじ込めみたいな仕草をしてくる。

ゲイバーなのですがおひねりしているお客さんは女性がほとんどでした。どうやらダンサーさんの中にもゲイの方とそうでない方の両方がいるらしい(友人曰く)。真意のほどは謎ですのでみなさまぜひ確かめてみてください。

 

え?私?もうね、無理。シャイな私はだめです。近くだけで赤面しすぎて爆発するかと思った。

まとめ

だめだあと1分。まとめます!

 

恥ずかしがるな!!!!!(自分への戒めを込めて)

 

以上です!!

お店は怖くない場所だけど、夜の移動は危ないからくれぐれも気をつけてね!!

 

はい!アップロード時、25分。   5分オーバー・・・20分の壁は厚かった。

(完)(記事は振り返りません)